2010年01月29日

政党交付金(その2)Q 使途は

 政党助成法は、毎年、政党交付金による支出の総額や項目別の金額、支出の相手方などを記した使途等報告書を提出することを義務づけている。公認会計士や監査法人の監査を受け、監査報告書も同時に提出するよう求めている。
 政党交付金の使途に制限はないが、各党は世論の批判を受けないよう、内規を設けて支出している。
 民主党は全国の支部にハンドブックを送付し、政党交付金を飲食費などに充てないよう指示。自民党も、人件費や調査費、宣伝広報費などに使途を限定するよう求める指導要領を策定している。
 自民党関係者は「カネに色は付いていない。批判を受けない人件費や政策研究に関する費用は政党交付金から支出したことにし、飲食費などは献金やパーティー収入から支出したことにして計算するのが普通だ」と指摘する。
 こうした中で異彩を放っているのが、自由党の政党交付金の扱いだ。
 自由党の政治資金収支報告書によると、自由党は解散前年の02年、藤井裕久幹事長(前財務相)に15億2930万円、03年に6685万円を支給している。
 自由党関係者は「巨額の資金が実際に藤井氏に寄付されたとは考えにくい」として、使途を不透明にし、支出しやすくする狙いがあったのではないかと指摘する。
 この背景には、政党が政治家個人に資金を寄付する場合は、金額の上限の規制もなく、その後は使途報告書の提出などの義務もないことがある。
 民主党も、小沢氏が代表に就いた後の06年以降、「組織対策費」という名目で特定の議員に資金を集中させる例がある。
 民主党の政治資金収支報告書によると、06〜08年の間、財務委員長と国会対策委員長を務めた山岡賢次衆院議員に計17億310万円、財務委員長を務めた佐藤泰介参院議員に計5億3000万円が支出された。
この2人に計22億3310万円が集中したことになる。
 この支出について、佐藤氏は「組織のために使用した。法に従って適切に処理した。予算などは党大会できちんと承認されている」と述べ、問題はないと強調する。山岡氏の事務所は取材に回答していない。
読売新聞1月28日
posted by Depot at 21:50| Comment(0) | TrackBack(0) | D/B | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/139717440
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。